あなろぐ

アナウンサーリレーブログ「あなろぐ」

今週は石橋アナの担当ですが、

今回は特別に谷川が書かせていただきます!

 

 

MROラジオ放送席より戻りました。
夏の石川県高校野球大会・決勝は、2対1で日本航空石川が星稜を下しました。
明暗を分けたのはわずかなミスでしたが、

航空石川からは「相手に勝ちたい気持ち」をひときわ強く感じました。

 

…偉そうにすみません!! 私、野球経験はまったくありません。
ただ現場で見ていた人の「感想文」として、続きを読んでください!!!

 

大会前に各チームの選手にマイクを向けると、

多くは「自分たちの野球をしたい」や、

「1日でも長く野球を…」などのコメントが返ってきます。
しかし、航空石川は「星稜さんに勝つ」。
中村隆監督も選手たちも、「星稜さんを倒してから甲子園に行く」と答えます。
理由は明白。航空石川は去年秋以降、星稜に2度も大敗しました。
秋の県大会決勝では2対16。その後の北信越大会決勝では1対19。
ともに春のセンバツには選出されましたが、航空石川にとっては屈辱の連敗。
“打倒星稜”の思いは言葉だけでなく、今回の試合にも表れていました。

 

試合が進むにつれ、解説の大窪直二さん(元・町野、輪島監督)からは

感嘆の声が漏れます。
「航空は星稜をよく研究していますよ」。
その成果が顕著だったのが、星稜の四番・内山壮真選手に対する投球。
エースの嘉手苅浩太投手や、2番手の田中颯希投手が、厳しいコースを攻めてきます。
インコースに鋭い直球がくると、大窪さんは

「内山くんの弱いところを分かっている」、

「自信を持って投げ込んでいる」と語ります。
四番を内野フライとゴロに打ち取った二枚看板が、

一気に優勝を引き寄せました。  (続く)

 

 

元祖「能登から甲子園へ」を目指した元監督、大窪さんとともに

最近の記事

ページTOPへ