あなろぐ

今週のブログ担当は石橋アナですが、

前回・今回と特別に谷川がお届けしています。

 

(前回からの続き)

去年秋から大車輪の活躍を見せていた

航空石川・田中投手が、最終回のマウンドに立ちました。
2アウト1、2塁で迎える星稜の打者に、

解説の大窪さんは思わず口を開きます。
「バッターが花牟禮くん…。(運命を)感じますね」。
実はここに、もう一つのドラマがありました。

 

前日の試合後、田中投手に「星稜で絶対に抑えたい選手は?」と聞くと、

真っ先に花牟禮優選手の名前を挙げました。
「北信越大会の決勝でバックスクリーンに大きな一発を打たれてしまった。

だから今度は絶対抑えたいんです」。
その最大のライバルに対し、フルカウントから田中投手が投げ込んだのは、

渾身のストレート。
結果は空振り三振。そしてゲームセット。
航空石川が星稜に勝った瞬間は、

田中投手が花牟禮選手に勝った瞬間でもありました。

 

星稜は敗れました。

県内での連勝記録が「39」で止まりました。
一方でこの結果は、星稜が全国屈指の強豪校だという証にもなったと思います。
去年夏の甲子園では、

大阪の履正社が奥川恭伸投手(現ヤクルト)のスライダーを研究し尽くし、

攻略しました。
この夏は内山選手が、航空石川に徹底的にマークされました。
こうした包囲網を破った先には、必ず全国制覇が待っているはずです。

 

甲子園では、センバツに替わる交流試合が始まりました。
星稜と航空石川の全力プレーが見られることを期待しています。
そして来年こそは、県立野球場に甲子園をかけた大会が帰ってくることを、

心から願っています。

 

 

 

頂上決戦。ライバルがいるから、互いに強くなる!

最近の記事

ページTOPへ