コビトたちとともに海洋ごみ削減を呼びかけ!
「海ごみゼロ大作戦!in石川」が「こびとづかん」とコラボ!

 

海ごみゼロプロジェクトin石川実行委員会は2022年度、子どもたちに大人気の書籍シリーズ「こびとづかん」(なばたとしたか・作、株式会社ロクリン社・刊)とコラボし、石川県内で海洋ごみ削減の取り組みを進めることになりました。

「こびとづかん」の作者、なばたとしたかさんは石川県出身。今回のコラボでは、コビトが登場して海洋ごみ削減を呼びかけるテレビCMの放送(5月放送開始予定)や、町おこし企画「こびとづかんの町 つるぎ」が展開されている白山市鶴来地区で、リサイクルステーションをコビトのイラストでラッピング(5月公開予定)。

 

また、人気Tシャツメーカーの「OJICO」、珪藻土商品の「soil」とコラボし、各ブランドからはこびとづかん商品の販売(5月発売予定)。他には石川の海にいそうなコビト図案の募集(5月~7月募集予定)や、コビトが登場して海洋ごみ削減の必要性について訴えるパンフレットを作成し、石川県内の新入学児童全員に配布(2023年4月予定)するなどの取り組みを予定しています。

 

この取り組みは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で行われます。

 

日本のこびと大全【「こびとづかん」とは?】
「こびとづかん」(https://www.kobitos.com/ )は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの絵本とその書籍シリーズ。1冊目の絵本の中で主人公の「ぼく」が見つけたのが「コビト」です。「コビト」は昆虫でも植物でもない不思議な生き物。誰もいないのに視線を感じたり、トイレットペーパーが三角に折られていたり、正体不明の不思議な出来事はもしかしたらぜんぶ、「コビト」の仕業かもしれません。初めて見ると一瞬「ぎょっ」としてしまうインパクトのあるビジュアルで、過去には大ブームを巻き起こした「こびとづかん」。現在は純粋に「コビト」の存在を信じる子どもたちやその家族を中心に愛されています。また、生き物や物事への興味・好奇心の窓口となり、幼稚園や保育園、小学校で読み継がれる「定番作品」として支持されています。2021年9月に刊行された『日本のこびと大全 ー川や海・人のまわり編ー』を含め、シリーズ書籍10冊の累計部数は284万部を突破。そこで今回、海ごみゼロプロジェクトin石川実行委員会は子どもを中心に人々にお馴染みの「こびとづかん」とコラボすることで、海そのものや海洋ごみ問題への関心を高め、海洋ごみ削減への行動変容に繋がるような呼びかけを行なっていきます。

ページTOPへ