番組審議会バックナンバー

1.開催日時  平成28年12月21日(水曜) 午前11時より
2.開催場所  北陸放送 4階役員会議室
3.委員の出欠 委員総数 9名
  出席委員  8名 
        委員長  山崎光悦   副委員長 石原多賀子
        委員   小田與之彦  委員   西尾眞友
        委員   大場吉美     委員   山田文代   
        委員   堀 直子   委員   植村まゆみ
 
放送事業者側出席
        代表取締役社長         京村英二
        常務取締役           竹村 均(報道制作制作)
        常務取締役           吉藤 徹(編成担当)
        テレビ制作部          力丸 伯
        番組審議会事務局長       沢田秀樹(業務局長)
4.議題
 1. 「番組審議会賞」選考について
 2. テレビ、ラジオ 年末年始の番組編成について
 3. 番組批評
  〈 テレビ番組 〉
   MROテレビレギュラー番組『絶好調W』
   平成28年11月9日(水)午後7時00分~午後7時56分 放送
 
5. 議 事 の 概 要
(1) 事務局長から審議会委員及び北陸放送メンバーの出欠状況を報告
(2) 京村社長から挨拶
(3)  第25回(平成28年)番組審議会賞投票のお願い
(4) 番組審議会事務局長がテレビ、ラジオの番組編成について説明
(5) テレビ番組批評~各委員からの主な意見のまとめ~
■いろいろな話題が取り上げられ、全体的には楽しいバラエティ番組であったが、改善の余地も見られる。例えば、「カニ」解禁がテーマなので、「食」が中心に扱われることは致し方ないが、グルメ番組ではないので、食べ方や捌き方、またカニを材料とした料理のジャンル等、自分たちが知らないカニのノウハウをもっと盛り込むべき。
■「せと散歩」は地元の街並みに焦点を当てている点では評価するものの、その街の歴史やそこに住む人たちの息づかい等、まだまだ深めることができるはず。
■今回もゲストが消化不良だった。個性的なゲストがいない場合は、無理をして起用しなくてもいいのではないか。
■ゴールデン帯の生放送は非常に貴重なものであるから、番組が「どのターゲットに向かって、どういうメッセージを送るのか」という基本コンセプトを、もう一度しっかり確認して欲しい。

ページTOPへ