番組審議会バックナンバー

1.開催日時  平成28年7月20日(水曜) 午前11時より
2.開催場所  北陸放送 4階役員会議室
3.委員の出欠 委員総数 9名
  出席委員  7名 
        委員長  山崎光悦   副委員長 石原多賀子
        委員   大樋長左衛門 委員   小田與之彦
        委員   西尾眞友   委員   堀 直子     
        委員   植村まゆみ
 
  放送事業者側出席
        代表取締役社長         京村英二
        常務取締役           竹村 均(制作局長)
        常務取締役           吉藤 徹(編成担当)
        テレビ制作部          室 孝志
        番組審議会事務局長       沢田秀樹(業務局長)
4.議題
1. テレビ、ラジオ 平成28年8・9月の番組編成について
2. 番組批評
〈 テレビ番組 〉
日本の祭りシリーズ『おかえりの響きは浜風に舞ひて~美川おかえり祭り』
平成28年6月25日(土)午後3時00分~午後3時55分 放送
      
5.議事の概要
(1) 事務局長から審議会委員及び北陸放送メンバーの出欠状況を報告
(2) 京村社長から挨拶
(3) 番組審議会事務局長がテレビ、ラジオの番組編成について説明
(4) テレビ番組批評~各委員からの主な意見のまとめ
■従来の「祭りシリーズ」とは異なる斬新な構成で、あたかも『青春ドラマ』をみているかのように、祭りにかける若者の意気込み、やりきった達成感が上手く表現されており、番組全体を通じ、「おかえり祭り」が人生の“学びの場”あるというメッセージを感じとることができた。
■ナレーションの小室等さんは、口調も優しく非常に好感がもていい演出だった。
■「祭り」にかけるそれぞれの想いが人間模様としてよく描かれており、それだけにこの「祭り」を生み出した土地の歴史や、絢爛豪華な台車を彩る装飾美の背景となった文化なども織り込めれば、さらに厚みのある番組になったと思う。
■丹念な取材を通じ、「おかえり祭り」が美川の人たちの老若男女を問わず、いかに大切なものであるかが非常によく伝わっていた。少子化が進んでいく中で、この祭りをなんとしても未来に向けて繋げて欲しいと願ってやまない。

ページTOPへ