あなろぐ

こんばんは!

今週のあなろぐは保坂が担当です♪

 

先週の木曜日の『レオスタ』は、香林坊大和8階で開かれている

「日本の名匠たちの仕事展」から中継でした!

 

久しぶりの中継にワクワク!

中継やロケ、取材に出かけてお話を聞くのが大好きなんです

 

今回お話を伺ったのは、三重県の「伊賀組紐」

職人の藤岡潤全さんです。

 

 

着物の帯締めなどに使われる伊賀組紐。

1本1本手組みでこだわって作られています。

 

最近は機械で作られることも多い組紐ですが

手組みだと体にしっかりフィットするのだそうです。

 

私も触らせていただき、

とってもしなやかで、しっかりとしたコシや強さも感じられました。

 

 

伊賀組紐、色合いや模様もとても美しくてすてきです♪

1本作るのにかかる時間は、なんと!最低でも2日以上!

 

1番上の写真で私が持っている組紐は、4日以上かかるそうです!

それだけ心が込められているのですね。

いつかこんなすてきな組紐と一緒に、着物で町を歩いてみたいです。

 

 

今回の仕事展では、初登場の6店舗を含む全国から42のお店が集まっています。

職人さんによる実演販売が行われている店もたくさん!

 

職人さんの技をじっくりと見たり、

気になったことをすぐに質問できるのもこの仕事展の魅力です♪

どのお店の方も気さくで親切な方ばかりで、丁寧に教えてくれましたよ

 

 

中継では、時間の関係で駆け足で

お伝えすることになってしまいましたが(反省)

少しでも楽しさが伝わっていればうれしいです^^

 

中継でご紹介した奈良県の「開運表札」は

しっかりれおさんにお届けしました☆

 

「日本の名匠たちの仕事展」は23日水曜日までです!

みなさんのお気に入りの逸品を見つけてくださいね♪

 

それでは連休の方も、お仕事の方も

今週も笑顔でがんばっていきましょう

最近の記事

ページTOPへ