北陸放送番組審議会

北陸放送番組審議会

>>> バックナンバーはこちら

 

第526回 2016年11月21日(月)開催

1.開催日時  平成28年11月21日(月曜) 午前11時より

2.開催場所  北陸放送 4階役員会議室

3.委員の出欠 委員総数 9名

  出席委員  7名 

        委員長  山崎光悦   副委員長 石原多賀子

        委員   大樋長左衛門 委員   西尾眞友

        委員   大場吉美     委員   山田文代   

        委員   植村まゆみ

 

放送事業者側出席

        代表取締役社長         京村英二

        常務取締役           竹村 均(報道制作制作)

        常務取締役           吉藤 徹(編成担当)

        ラジオ制作部          野村未来子

        番組審議会事務局長       沢田秀樹(業務局長)

4.議題

 1. 「番組審議会賞」および「優秀賞」選考基準の変更について

 2. テレビ、ラジオ 平成28年12月の番組編成について

 3. 番組批評

 〈 ラジオ番組 〉

 長田哲也のあさ☆ダッシュ!『山の日スペシャル~ダイジェスト版~』

 平成28年8月11日(木・祝)午前7時00分~午前11時00分 放送

 

5.議事の概要

(1) 事務局長から審議会委員及び北陸放送メンバーの出欠状況を報告

(2) 京村社長から挨拶

(3) 番組審議会事務局長から、「番組審議会賞」および「優秀賞」の選考基準

    変更案について説明

(4) 番組審議会事務局長がテレビ、ラジオの番組編成について説明

(5) テレビ番組批評~各委員からの主な意見のまとめ~

■この放送を聴いて「山ガール」が増えそうなくらい上坂アナの白山に対する想いが伝わってきた。霊峰白山の頂きから、福井や岐阜や長野さらに能登半島までもが眺望できるというコメントは、非常にライブ感がありかつ白山の雄大さを感じさせる素晴らしいものだった。

■構成もよく、番組中に挿入した楽曲もテーマに沿っていて良かった。惜しむらくは、風の音・水のせせらぎ・鳥のさえずりなど、ナチュラルな音も取り入れられれば、情景がもっと明確に伝わってきたと思う。

■白山山頂と本多町のスタジオを結ぶ中継は非常に大変なことだったと思う。これを見事にやり遂げた技術力の高さをもっと訴求しても良かった。

■天候に恵まれたこともあり非常に清々しい放送内容だったが、登山に対する事前準備や心構えについてはもっとも触れておくべきで、山登りの楽しさと同時にそんなに安易なものでないというメッセージもしっかりと伝えておくべきだ。

■白山をよく知らないリスナーのためにも、白山信仰の歴史や複数ある登山ルートなど、ベーシックな情報なども少し掘り下げて伝えれば、さらに番組に深みが出てくると思う。

ページの先頭へ戻る