竹村りゑのブログ

拝啓

 みなさま

 

もくもくです。

ご無沙汰していて、すみません…!

久しぶりのブログ更新です、ご覧頂きありがとうございます。

 

全国各地で、ちらほらと梅雨入りの声が聞こえてくる頃ですね。

それぞれの季節の移り変わりを味わうことが好きなので、梅雨もまた好きです。

傘や雨用のブーツ、防水加工されたカバンなど、レイングッズを揃えて、雨の日仕様な装いをするのもこの季節の楽しみなのです。

でも、今年はなんだか気乗りがしなくて。

実は、去年の冬にお気に入りの傘をなくしてしまった心のダメージが大きく、それ以来ずーーーーーーーっと間に合わせの傘で日々を過ごするまま半年になろうとしているのです。

半年ですよ、半年。

私の落ちこみっぷりは、押して知るべしではないでしょうか。

早く、早く、梅雨入り前にときめく傘を見つけなければ。

まだ見ぬ傘に思いを馳せて、焦る気持ちが募ります。

 

 

 

 

さて。

この4月から、金沢ビーンズ明文堂書店提供のもと、ブックレビューのラジオ番組「竹村りゑの木曜日のBOOKMARKER」を始めています。(毎週木曜 夕方6時45分~、再放送は毎週日曜朝7時45分~)

今まで木曜の夜にお届けしていた「竹村りゑのもくもくラジオ」の1コーナーが、番組にパワーアップした形なのですが…

なにぶん、15分間の番組ですので、お話しし足りない事が多々あるのです。

特に、せっかく寄せて頂いた皆様からのメッセージが中々紹介出来ないことが残念で。

悩んでいたのですが、「紹介しきれなかったメッセージをブログで紹介してみては?」というアドバイスを寄せて頂いて、これだ!とキラリと目を光らせました。

定期的に、頂いたメッセージの中からピックアップをして(全ては難しいので…申し訳ないのですが、ご了承ください)ブログの中でご紹介していきたいと思います。

 

 

まずは、この方。

 

 

りゑちゃんもくもく。

15分という短い時間ですが中身はびっしりとつまっている印象です。これからもこの調子でお願いします。

この番組のおかげで、読みたい本がどんどん増えて、読みかけの本、未読の本が溜まる一方です。老眼により読む速度が落ちたのもあり思うようになりません。「老眼とボケ対策に速読がベスト」なんて紹介文を目にすると飛びつきたくなりますが、情報過多でどれがいいのやらわかりません。是非一度速読術を取り上げていただけませんか?

R.N. ロスオブコンタクト さん)

 

速読、気になりますよね!私も、今一番身に付けたい能力はまさしく「速読」なのです。

ロスオブコンタクトさんと同じく、書店でも速読本を手に取ってみたりはするのですが…

「一度に視界に入れる文章の塊を、どんどん大きくできるようトレーニングする!」など書いてあるものが多いように思います、が…(あくまで主観です)

私の場合、速読を意識する前に普通に文章を読み進めてしまって、しかも一度集中すると他のことは全て頭から抜けてしまうのです。

読み終わってから「あ!速読の練習するんだった!」と思い出すことも度々あり。

一度、速読を身に付けている方に直接お話を伺ってみたいものです。その方からおすすめ本を聞きたい!お答えになっておらず、申し訳ありません…

 

 

続いては、こちらの方。

 

 

竹村りゑさま

こんにちは。

竹村さんの木曜日のブックマーカー、今回はどんな本なのかなぁって、わくわく楽しみに拝聴しています♪

そして日焼け止めのお話、日焼け防止のお話、ぜひじっくりお聞きしたいです!!私も日焼けすると真っ赤になるのですが、肌も強くないので、肌になるべく負担にならず、焼けない対策の話すごく聞きたいです!

本の話ではなく、すみません

お忙しい日々を過ごされていると思いますが、お身体どうか大切にされてくださいね(*^ ^*) (R.N 匿名さん)

 

いえいえ!本以外のメッセージも大歓迎です、ありがとうございます!

私も肌が弱いタイプなので、お悩みはとっても良く分かります…!

やはり、肌負担ゼロで日焼け効果を狙うとなると、日傘が一番だと思っています。

お子さん連れだったり、両手が使えない場合は、つばの広い帽子などいかがでしょうか?

一説によると、一年間通して日傘を使用することで、肌は1~2トーンアップするそうです。あとは、リキッドファンデーションではなくパウダーファンデーションを使用されるとか。

(パウダーファンデーションには紫外線散乱剤の酸化チタンやタルクが含まれていて、塗るだけで日焼け防止効果があります。また、一般的にパウダーファンデーションはリキッドタイプのものより落とすときの肌負担が軽いため、肌が弱い方にはおすすめです。)

その意味では、市販の日焼け止めパウダーなども頼れる存在です。

あくまで私は美容の専門家ではなく、肌が弱いことに悩む中で自分なりに打ち立てた、「竹村メソッド」です。笑 全ての方に合っている方法では、ないと思います。

「こんな考え方もあるんだなあ」くらいで、気が向いたら参考にしてください(^^)ご質問ありがとうございました。

 

 

最後は、この方です。

 

 

竹村委員長、もくもくです。

…(一部割愛)

自宅だと、ついニュースを見てしまうので連日カフェで読書しているのですが、どこも

満員です。

リスナーのみなさんや竹村さんはどこで本を読んでいるのでしょう?

それでは、ばいもくぅ~

R.N.ミネルバ さん)

 

もくもく仲良し委員会の方ですね、メッセージありがとうございます。

「読書する場所」は、人によって個性が出ますよね、ミネルバさんはカフェ派でいらっしゃるんですね。

委員長は自宅のソファ派だったのですが、最近、照明をとっても可愛いものに変えたところ、若干、光量が足りない可能性が浮上してまいりました。

(照明が悪いのではありません。あんなに可愛い照明が、悪いはずはないのです。)

その結果、最近は早起きをして朝日の中で読書をするという健康的なライフスタイルを確立しつつあります。

カフェで読書も素敵なのですが、委員長の場合は、本当に本を読むと時間の感覚を忘れてしまうため、気が付いたら閉店まで居座って、お店の方にご迷惑をおかけする恐れがあるのです。

ちなみに白状しますと、読書中に話しかけられた時に返す言葉は、全くの生返事で何と答えかすら正直覚えていません。よくお母さんに怒られたものです。

みなさんの、おすすめの読書スポットはどこでしょうか?

「ここなら、どれだけ集中しても安全・安心です!」という場所がありましたら、是非教えて頂けますと幸いです。読書会とか、したいですねえ。

 

 

一部ではありますが、メッセージをご紹介させて頂きました。

これからも、皆様からのメッセージお待ちしていますね。

あて先は

book@mro.co.jp

または、Twitter

アカウント yorupara  ハッシュタグ #1107mro

で、お待ちしています。

 

それでは、今回はこのあたりで。

またブログ、書きますね。

 

                               敬具(ばいもく)

ページTOPへ