竹村りゑのブログ

拝啓

 

皆さま、お久しぶりです。

今朝外に出ると、うっすらと雪が積もっていました。

ほんの少しだけ雪でお化粧をした町並みは、やはり綺麗です。

寒いのが苦手なのに、なんとなく冬が来るのを楽しみにしてしまうのはこの景色があるからかもしれません。

 

先日、秋の名残を探しに京都まで遊びに行ってきました。

 

 

 

 

紅葉は殆どが散っていたのですが、その代わりに紅葉の絨毯を楽しむことが出来ました。

「敷き紅葉」というそうです。

こちらも風情がありますよね。

 

 

 

 

さて、しばらくぶりのブログなので、お伝えしなくてはいけないことが沢山です。

毎週木曜日の夜8時からMROラジオでお届けしている「竹村りゑのもくもくラジオ」、週を追うごとに沢山のリスナーさんたちからメッセージを頂けるようになり、嬉しいやら有難いやら、です。

やりたいことが沢山あるので、かなりアワアワしてしまうこともあるのですが、皆さんとお話できる木曜日は、私にとって大切な曜日になりました。

金沢ビーンズ明文堂書店提供のブックレビューのコーナー「木曜日のBOOKMARKER」や、皆さんに「こんな曲が聞きたい!」という私からのリクエストを出して、ぴったりの曲を教えて頂く「もくもく逆リクエスト」のコーナーなど、色々楽しんで作っているので、是非聞いていただけると嬉しいです。

木曜日の夜は、私とお話を致しましょう。

 

コーナーと言えば、12月からは新コーナー「超入門!ここから始まる現代アート」をお届けしています。

金沢21世紀美術館副館長の黒澤伸さんをお迎えして、「難しそうに思えるけど、現代アートって何なの?」というシンプルな質問から、アーティストたちの個性あふれる作品を紹介するコーナーです。

アートをお勉強するのではなく、「アートを見る目」をリスナーの皆さんと一緒に、私自身が育てていきたいなあという思いで始めたもの。

まだまだヨタヨタ運転なのですが、長い目で一緒に楽しんでくださる方がいると嬉しいです。

 

こちらは、第一回でご紹介した、河原温さんの「百万年」

 

 

 

第二回は、チウ・ジージエさんの「金陵劇場」でした。

 

 

 

こちらの作品は、実は先日のMROアナウンサーアートツアーでナビゲーターもさせて頂いています。

 

 

とっても和気あいあいと楽しかったんですよー!

寒い中おこしただいた皆さん、ありがとうございました。

 

さて今週は、もくもくラジオ内でプレゼントの告知をさせて頂いたので、ここで改めておさらいです。

 

①「木曜日のBOOKMARKER クリスマスプレゼント企画

金沢ビーンズ明文堂書店提供でお届けしている、ブックレビューのコーナー。

今回は、金沢ビーンズの表さんと一緒に「リスナーの皆さまにクリスマスプレゼントを」という思いで、それぞれ2冊ずつ、計4冊の「クリスマスにまつわる本」をチョイスさせていただきました。これを、4名の方にプレゼントさせていただきます。

竹村サンタと表サンタで、メッセージカードなども書いてみました。

そんな本が届くのか、お楽しみにお待ちくださいね。

 

②「超入門!ここから始まる現代アート チウ・ジージエ書くことに生きる 招待券プレゼント

前回(12月13日)の放送でも黒澤さんにご紹介頂きました、現在21世紀美術館で開催中の企画展「チウ・ジージエ 書くことに生きる」(開催期間は来年3月3日まで)

の招待券を、2枚1組で5名の方にプレゼントさせていただきます。

これは、黒澤サンタからのプレゼントですよ。

 

①②を同時に応募しても大丈夫です。

どちらも、締め切りは12月19日(水)いっぱいです。

結果は発送をもってかえさせて頂きますね。

ご応募は、yoru@mro.co.jp まで。

希望するプレゼント・お名前・住所・ご連絡先をご記入の上、お寄せ下さい。

タイトルに「もくもくプレゼント」など書いていただけると有難いです。

 

次回が、2018年最後のもくもくラジオの放送です。

今年最後の「もくもく逆リクエスト」、私からのリクエストは「あなたのとっておきのクリスマスソング」です。

これぞという曲を思いついた方は、

メールyoru@mro.co.jp 「もくもく逆リクエスト」、

またはTwitterで  #もくもく逆リクエスト で呟いて、教えてくださいね。

 

もくもくラジオは本当に沢山の方がメッセージを下さるので、紹介しきれず心苦しい時が度々あるのですが、紹介できなかったものも全て読ませて頂いています。

どうかがっかりせずに、またお便りくださいね。お待ちしています。

 

この季節の言葉に「炬燵猫(こたつねこ)」というものがあるそうです。

ちゃんと、冬の季語なんですよ。可愛らしいですよね。

仕事納めに忘新年会にと、なかなか気ぜわしい季節ですが、

時には炬燵猫のようにゆっくりと休んで体を労わる時間も大切にしたいものです。

 

それでは、今回はこのへんで。

またブログ、書きますね。

 

 

 

敬具

ページTOPへ