竹村りゑのブログ

拝啓

みなさま

 

久しぶりのブログ更新です。

ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

「ブログ更新してね」という有難いお言葉を下さったリスナーの皆さま、ありがとうございます。

お言葉励みに頑張りますね。

本来割と筆まめなのです、まめまめと書きます。

 

 

さて、秋も深まる今日この頃、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

日に日に空気も冷たくなって、夜、会社を出る時にひやっと首をすくめることも多くなってきました。

そこから駐車場に止めた車に着くまでの数分間が、私の天体観測の時間です。

お月見が秋の行事なせいでしょうか、この季節は月の姿を探してしまいます。

 

ところで、大和言葉では月を指すとき、時に「細愛男」(ささらえおとこ、と読みます)と言い表すことはご存知でしょうか?

意味は「愛すべき若い男」という意味。

なんと、日本人にとってお月様は男の人だったのです!

察するに、おそらくジャニーズ系かと思われます。

それもそのはず、古事記によると月の神さま「月読命」は、太陽の神さま「天照大神」の弟さんなのです。

太陽のお兄ちゃんと、月の弟さん…可愛らしいですね。

 

一方、ヨーロッパの神話を思うと、月を司るのは女神が多いのです。

セレーネ、ルーナ、ディアナ、アルテミスなどなど。

彼女たちは決まって、誇り高く凛とした、美しい女性に描かれます。

 

同じ天体を見ていても、文化圏によって男性に見えたり女性に見えたりするというのは、面白いことです。

男性らしさや女性らしさというのは、案外あやふやなものなのかもしれませんね。

皆さんがご覧になる月は、どんな顔をしているのでしょうか?

 

 

夏休みは瀬戸内海で遊んでいました。

今度は、イサム・ノグチ庭園美術館に行きたいです。

 

そしてそして、10月の改編期をきっかけに、新しくラジオ番組を担当させて頂いています。

木曜日の夜8時からお届けしている「夜は本多町パラダイス 竹村りゑのもくもくラジオ!」です。

それまで火曜日のTwinWaveで紹介していた本のコーナー「火曜図書館」は、金沢ビーンズ明文堂書店の提供のもと「木曜日のBOOK MARKER」に名前を変えて、よりパワーアップしています。

 

初回(10月4日)は、髭男爵ルイ53世さまをゲストに「一発屋芸人列伝」を、

2回目(10月10日)は、江國香織の「きらきらひかる」をご紹介しました。

 

 

さらにさらに、今まで水曜日に隔週でお届けしていた、県内のアートを紹介するコーナーもお送りしていきます。

この秋は、金沢では工芸のイベントが充実しているのでご紹介したいものが沢山なんです。

待っていて下さいね。

 

「もくもく逆リクエスト」のコーナーもお忘れなく!

私が面倒くさい彼女のように、フワッとしたリクエスト(「夕焼けにぴったりの曲が聞きたい!」など)に対し、皆さんにぴったりの曲を教えて頂くものです。

 

今回みなさんにお願いしているリクエストは「憧れの先輩の車でかかっている曲」です。

こんな曲どうかな~?など、思いついた方は yoru@mro.co.jp までお寄せくださいね。

 

「夜は本多町パラダイス 竹村りゑのもくもくラジオ!」は、MROラジオで毎週木曜夜8~9時です。

この1時間は、皆さんとお会いしてお話しているようで、私にとって大切な時間です。

自分の部屋に友達が遊びに来てくれているような気持ちに近いかもしれません。

皆さんもぜひ、遊びに来てくださいね。

 

秋らしい日が続いています。

少しづつ紅葉がすすむ街路樹に合わせて、秋色の服を選ぶのは楽しいものです。

 

それでは、このあたりで。

またブログ書きます。

 

敬具     

 

 

 

ページTOPへ