竹村りゑのブログ

拝啓

みなさま

 

岐阜県では、今日、最高気温が40度を超えたそうですね。

「夏日」「真夏日」、ときて「猛暑日」のもう一つ上ってなんて言えばいいんでしょうか?

「酷暑日」とか…「冥暑日」とか?

うう、ぞっとしないお話です。

 

 

 

でも、こんな暑さの中でも頑張っている高校球児たち!

私も先日、石川県立野球場にリポートに行ってきました。

 

 

プレイする選手たち、そして応援席から声援を送る沢山の人たちの熱い思い。

リポートしながら、私もつい夢中になってしまいました。

 

 

そして、昨日(7月17日)のMROラジオ「Twinwave」でもお話しましたが、先日

「金沢クリエイティブツーリズム」通称「クリツー」に参加させてもらいました。

 

 

金沢市内にある、アーティストや工芸作家のアトリエ、近代建築や町家・茶室のような、文化的なスポットを巡るというアートなツアーです。

毎回テーマが変わるそうで、今回は「小立野台地」の坂や崖を巡って楽しむという内容でした。

台地、と言うだけあって、高低差の大きい小立野。

個人の敷地として、崖を所有している人が多いんです。

それぞれが安全を守るために擁壁工事をしっかり行っているんですが、そのやり方に少しずつ個性があって面白いんです!

例えば、10メートル位の高さの崖を、段々畑のように3段くらいに分けて擁壁工事を行って、段ごとに、一段目は野菜を育てる畑、二段目は見事な日本庭園、三段目はお花畑、みたいに。

とっても楽しんで庭造りをしていらっしゃるお家が何軒もあります。

 

 

こんな工事をしている場所が何か所も。

しっかり安全を守りつつ、遊び心も忘れないって、とても素敵な発想です。

 

昔、川が流れていた場所のような、かつての小立野の地形を楽しみながらウロウロして、なんだか子どもに返った気分でした。

水遊びもしてしまいました。

炎天下の元、歩き続けた足に、冷たい水が気持ちよかったです~!

 

 

同じツアーでご一緒した方たちに、楽しかったのでブログに書きます、と誓ったのです。

お約束が果たせてよかった。笑

 

 

さて、毎週今読みたい一冊をお届けする「火曜図書館」のコーナー!

今回は、第159回直木三十五賞の発表が目前に迫っていることもあって、テーマを直木賞にしてみました。

でも、「ただ直木賞の本を紹介するだけじゃ、火曜図書館らしくないよね~」と、金沢ビーンズのOさん(いつもご協力いただいています)と相談した結果、直木賞は直木賞でも、「高校生直木賞」を今年受賞した、綾瀬まるさんの「くちなし」をご紹介することに。

 

 

高校生直木賞は、直近一年間の直木賞候補作の中から、高校生が一冊を選ぶ文学賞です。

思春期の子どもたちの瑞々しい感受性が選んだとあって、「くちなし」も、幻想的な雰囲気や登場人物の独特かつ細やかな心理描写が印象的な短編集です。

読んでいる最中は、まるで夢の中にいるような気持ちに。

目の前のことから離れて、ちょっとふわふわしたい時にお勧めです。

暑くて外に出かける気分になれないときは、本を読んで頭の中をお散歩させる、なんて如何でしょう?

 

 

Twinwaveは、毎週月曜~金曜の 午前11時25分~午後0時40分にMROラジオで放送しています。

下のURLから、それぞれ1週間後まで聞けます。

関心のある方は、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

【 2018/07/17/火 11:25-12:40】

 http://radiko.jp/share/?sid=MRO&t=20180717112500

 

【 2018/07/18/水 11:25-12:40】

http://radiko.jp/share/?sid=MRO&t=20180718112500

 

熱中症で体調を悪くされる方、私の周りでも何人かいらっしゃいます。

皆さまも、くれくれもお体大切になさってください。

またブログ、書きますね。

 

敬具   

ページTOPへ