いしかわのこどもみらいキャンペーン

北陸コカ・コーラpresents げんき体験隊~里山自然塾 in 奥能登・春蘭の里~

 

皆さんこんにちは~!
9/15(土) いしかわのこどもみらいキャンペーン「北陸コカ・コーラpresents げんき体験隊~里山自然塾 in 奥能登・春蘭の里~」がありました。

金沢駅出発時には生憎の雨模様・・・
奥能登に着く頃には曇り~晴れ間も見えたのですが、田んぼの足元がぐちゃぐちゃになってしまったということで、稲刈りは中止になりました・・・ごめんなさい・・・

急遽午前中のプログラムが変更になり、柏木多目的集会所で開会式となりました。

開会式後は、近くの里山を散策して、野生のミョウガやニラを採ったお友達もいましたね。

そしてお楽しみの餅つき体験!

おじさんがやっているのを見ると簡単そうに見えましたが、いざ自分の番が来ると、杵の重さにうろたえる子も・・・
みんな頑張って20回ずつ餅つきをしました。

 

つきたてのお餅はくるくる丸めて、餡子ときな粉をまぶしました。

  

ちょっと早いけどランチタイムということで、地元のお母さんが握ってくれた爆弾おにぎりと、地物野菜を使った付け合わせのお弁当と一緒にお餅も頂きました。

 

とっても大きな夕顔(ウリ科)が採れたとのことで、夕顔のお味噌汁も美味しかったですね~!

 

午後はこちらも急遽、お弁当の中にもあったそうめん南瓜とも呼ばれている金糸瓜(きんしうり)のほぐし体験をしました。

両手で抱えるほど大きなかぼちゃですが、加熱すると果肉が麺のようにほぐれるので不思議でしたね~!!
みんな夢中になってほぐしていました。

 

そしてバスで10分ほど移動~
宮地交流宿泊所「コブシ」へ行きました。

こちらでは、能登の祭りキリコの組み立て&担ぎ体験をします。

まず以前作ってあったキリコの和紙を破って綺麗に剥がして、新しい和紙を貼ります。

習字の得意なお友達が表面に「コカコーラ」の漢字バージョン「可口可楽」と書き、裏面には「こどもみらいキャンペーン」と書いてもらいました。

キリコの側面には、今日参加したお友達全員が1人ずつ自分の名前を書きました。

そして完成したキリコの部品を、外に持って行って組み立てます。
ここではお父さんたちも大活躍でした!

事前にじゃんけんで決まった太鼓係と笛係のお友達は一生懸命練習をしていましたね。
最初は音が出なかったのに、30分ほどで音が出るようになって凄かったですね!

キリコが完成して、いよいよみんなで担ぎます!
コブシを出発して、少し道路を練り歩いてみましたよ~!

みんなで掛け声を掛けながら、お囃子をBGMに行進して、本当にお祭りみたいでしたね~!!

キリコは重いので、お父さん達が特に頑張って下さいました~!
ありがとうございます!!

能登のお祭りは7~9月に毎週のように各地で開催されているので、ぜひ行ってみて下さいね!

ご参加の皆様、春蘭の里の皆様、北陸コカ・コーラの皆様、ありがとうございました!!

北陸コカ・コーラボトリングではCSR、企業の社会的責任活動の一環として、子供たちが里山里海に興味を持ち、自然と親しむ活動を推進しています。
また来年も楽しいイベントを企画しますのでお楽しみに!

ページTOPへ