いしかわのこどもみらいキャンペーン

5月14(土)は
いしかわのこどもみらいキャンペーン
「田んぼオーナーになろう! in 石川県立大学」
が開催され、石川県内在住の小学生を含む約20家族が参加されました

これは今年度初の試みで、田んぼオーナーとして、田植えから稲刈り、脱穀、精米まで稲作体験をして、自分で作ったご飯を食べようという4回シリーズのイベントです。
 
1回目はまず、石川県立大学農場実習研修センターで開会式と、お米ができるまでのお勉強です。
 
 
今回は、石川県が開発した早生品種「ゆめみづほ」を、
化学肥料や農薬、除草剤などを、慣行の半分以下に減らした「特別栽培」で育てますよ~
 
それでは、いざ田んぼへGo!
 
1家族約20 m2の田んぼに、横30cm・縦18cmほどの間隔で、3~4本の苗を手植えしていきました。
 
 
裸足で田んぼに入って、足を取られたり、尻もちをついて泥んこになったり、皆さんワイワイしながらの田植えとなりました
 
 
20 m2でも結構疲れますよね!
田植えって大変なんだって気付いてもらえたかと思いますsmile
 
次は来月、除草体験となります

ページTOPへ